【ワーホリ準備③】ワーキングホリデービザ申請(渡航3、4ヶ月前)

こんにちは。

私事ですが、先日就職先が決まりまして、インテリア関係の会社でゴールデンウィーク開けから働くこととなりました。

とりあえず無事に決まって胸をなでおろすとともに、未経験の業界なので「しっかり勉強せねば!」と身が引き締まる思いです。

さてさて、そんな感じで一旦生活が落ち着きましたので、放置気味のブログをば更新していきたいと思います!

今日は【ワーホリ準備】編の第3弾、ビザの申請についてお送りいたします。

過去の記事はコチラ↓

【ワーホリ準備①】渡航先決定!私がデンマークを選んだ理由。
【ワーホリ準備②】エージェント申し込み、IPCの入学手続き

ビザの申請〜レジデンスカード受け取りまで

visa application

ワーキングホリデービザは許可が下りるまで1ヶ月〜3ヶ月ほどかかるので、余裕を持って準備することが大切です。

申請手順はデンマーク大使館のHPから確認することができますが、ここでは私の経験も踏まえながらビザの申請から受け取りまでを簡単に説明します。

なお、下記は2015年1月時点のものとなりますので、申請前には必ず大使館HPで最新情報を確認してください。

①申請用紙の記入

大使館のホームページ(正確には移民局)からダウンロードした申請用紙に必要事項を英語で書き込みます。(手書き)

名前、生年月日などの個人情報やパスポート情報など。「the applicant’s comment」には渡航目的などを書きました。

②必要書類の準備

申請時に申請用紙と一緒に提出する必要書類を準備します。

・申請用紙原本とコピー1部
・有効なパスポート
・パスポートのコピー(表紙を含む全ページのカラーコピー)
・英文の預金残高証明書(最低30万円のもの。※私はたしか70万くらいで提出しました)
・証明写真1枚(パスポートサイズ)

※申請料は日本国籍の方は無料です。

③大使館に予約をとり、東京のデンマーク大使館で申請

大使館にメールで希望日時を伝え、予約をとります。日時が決まったら渋谷にあるデンマーク大使館で申請。手続きの所要時間は30分〜1時間ほどです。

必要書類を提出し、顔写真と指紋をとられます。(この時の顔写真はデンマークで発行されるレジデンスカードに載るので油断しないように!)

手続き終了後、ケースオーダー番号が発行されます。この番号は提出書類について変更したい場合に必要になるので、大切に保管しておきましょう。

なお大使館での手続き後、提出書類は移民局の方に送られて審査になるので、書類についての変更は直接移民局に依頼します。

ちなみに私は入国日の変更をメールで依頼しましたが、移民局からは返信が来ませんでした。でも実際受け取ったビザの入国日は修正されていたので、返信がなくても心配ないと思います。不安な人は直接電話してみてもいいかもしれません。

④1〜3ヶ月後に郵送で結果が送られてくる

1〜3ヶ月後に、申請書類に記入された日本の住所宛に郵送で結果が送られてきます。私の場合は2ヶ月後でした。

許可が下りた場合は、A4サイズの書類4枚が送られてきます。日本での手続きはこれで終了で、あとはデンマークでの手続きになります。

ちなみにデンマーク入国時のパスポートチェックの所で、この書類を見せる必要があったらしいのですが、私は見せずに通過して大丈夫でした笑

⑤入国後5日以内に、デンマークの住民登録局で申請

私は入国後すぐに入学したIPC(寄宿制の学校)で、手続きを全てしていただいたので詳しくはわかりませんが、通常は入国後5日以内に在住する住民登録局で申請を行うようです。

その際に④で送付された書類とパスポートを提示し、ビザの代わりとなるレジデンスカードの申請を行います。この時、CPRナンバー(日本のマイナンバーのようなもの)の申請も合わせて行うことが通例のようです。

IPCに入学する人は、レジデンスカードとCPRナンバーの申請を事務局の方が行ってくださるので、書類を事務局に提出するだけでオッケーです。また私は入国した時期がちょうどイースター休暇中だったこともあり、入国後2週間ほど経ってからの申請でした。

⑥レジデンスカード受け取り(郵送)

住民登録局での申請後、6週間以内に登録した住所宛に郵送でレジデンスカードが送られてきます。

これで晴れてビザ関連の手続き終了です^^

*****

長々と文字ばかりでお届けしましたが、デンマークのワーキングホリデービザの申請についてでした。

手続き自体はそんなに複雑ではないのですが、ビザの申請自体が初めてだったこともあり、すごくドキドキしながら進めていたのを覚えています。

私はビザ取得時は仕事の引き継ぎ等で忙しく、申請のタイミングや申請用紙の書き方などはエージェント(バンザイ・インターナショナルさん)にアドバイスをいただきながら進めていったのですが、一人で行う場合は申請時期に余裕をもって進めるといいと思います^^

お読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
↓応援のクリックお願い致します!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow

コメント

  1. 私もちひろです より:

    初めまして。
    デンマークへのワーホリを考えていて、このブログが検索でひっかかりました。
    オーストラリアに行ったことがあるので、ワーホリ自体に不安はないのですが、帰国してからの仕事探しが不安です。
    ちひろさんはどのように現在の仕事を探したのですか??

    • chihiro より:

      ちひろさん
      お返事が遅くなり申し訳ありません!ブログ読んでくださってありがとうございます。仕事探しは、自分の興味のある会社のホームページから直接エントリーして、って感じでやってましたが、履歴書や面接に関してはGlobal ACEという国の事業を通じて紹介してもらったキャリアカウンセラーの人にアドバイスを頂いてました。これについてもいずれ記事にしようと思っていたのですが、なかなか時間がなく書けてません、、もし気になるようでしたら、検索してみてください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です