【北欧旅行:スウェーデン編①】魔女の宅急便のモデルになったゴットランド島へ。(行き方)

こんにちは。スウェーデンに来ております! 今日から北欧旅行スウェーデン編のはじまりはじまりです! 今回は、スウェーデンに到着した次の日に行ったゴットランド島について。 ゴットランド島と次回紹介するストックホルムのガムラ・スタンというエリアは、ジブリ映画「魔女の宅急便」でキキが暮らす街のモデルになったと言われています。 この記事では、ゴットランド島への行き方について説明します。

バスとフェリーを乗り継ぎゴットランド島へ

ストックホルムからゴットランド島へは、バス(約1時間)とフェリー(約3時間)を乗り継いで行きます。 ①ストックホルム中央駅→二ネスハムン(Nynäshamn)(バス) 中央駅横のバスターミナルで二ネスハムン行きのチケットを購入します。ちなみに乗車場所もここ。 チケットカウンター 使用するのは、Flygbussarnaというバス会社。 片道109SEK(約1500円)で、ここでは片道の切符のみ購入することができます。帰りの切符は帰りのフェリーで買ってくださいとのこと。 私は当日ばたつくのが嫌だったので、前日にちゃっかり購入。 チケットはすべて乗車時間が決まっていないオープンタイプのものです。 どのバスもフェリーの出発時刻に合わせて到着するようになっているので、フェリーの時間に間に合うバスに乗車します。 オープンタイプのチケットのため席も決まっていません。混雑時は席が早く埋まってしまう場合もあると思うので、乗車時刻より早めにバスターミナルに向かうことをお勧めします。 時刻表はFlygbussarnaのウェブサイトから参照できます。 ②二ネスハムン→ヴィスビー(Visby)(フェリー) フェリー 二ネスハムンに到着したら、フェリーに乗り換え、ヴィスビーというゴットランド島の中心都市へ。 <チケット予約> フェリーのチケットはフェリー会社のウェブサイトから事前予約しておきましょう。夏は早く席が埋まってしまうのでご注意を。 チケットの料金は、時期や乗船時刻、席のクラスによって変動します。また学割やユース割などもあるので、当てはまる方は活用しましょう! 私はユース割(25歳以下)を利用し、行きをエコノミークラス、帰りをエコノミーの一つ上のクラスで予約しました。料金は行きが258SEK(約3700円)、帰りが190SEK(約2700円)でした。 後ほどスケジュールはまとめて紹介しますが、エコノミークラスの方が料金が高いのは乗船時刻の関係です。 <チェックイン> フェリー乗り場に着いたら、チェックインとなります。 カウンターの人に予約時に発行されるバーコードをスキャンしてもらってチェックインとなるので、予約画面をプリントアウトして持って行きましょう。私は画面を写メっていったのですが、それでもOKでした。 <乗船後> エコノミークラスの人は席が決まっていないので、乗船後すぐに席の争奪戦になります。早めにチェックインしていい席を確保しましょう…! 席はこんな感じ。 エコノミークラス 船内には無料WiFiはありません。使いたい場合はWiFiのIDとパスワードをインフォメーションカウンターで購入する必要があります。3時間有効で値段は70SEK(約1000円)。 貧乏旅行の私にはちょっと高かったので購入は断念しました。3時間の長旅になるので、乗船前に映画をダウンロードするなり本を持参するなりした方が良かったかもしれませんね。 帰りはエコノミーの一つ上のクラスで、こんな席でした。 エコノミーの一つ上 帰りのフェリーは深夜発で寝て帰りたかったので、格上げして正解。リクライニングも結構倒れるので快適でした。難点は消灯されないのと肌寒いこと。アイマスクやブランケットなどを持参するといいかもしれません。 *私のゴットランド行きスケジュール* 【行き】 04:00起床、ホステルからストックホルム中央駅へ 05:15 ストックホルム中央駅発 → 06:05 二ネスハムン着(バス:109SEK) 07:00 二ネスハムン発 → 10:15 ヴィスビー着(フェリー:258SEK)※エコノミークラス、ユース割使用 【帰り(着いた日の深夜)】 00:50 ヴィスビー発 → 04:05 二ネスハムン着(フェリー:190SEK)※エコノミーの一つ上、ユース割使用 (帰りのバスのチケットをインフォメーションカウンターで購入。02:00まで購入可能とのこと) 04:20 二ネスハムン発 → 05:10 ストックホルム中央駅着(バス:109SEK)→ホステルへ   …とまぁ、かなりのハードスケジュールで挑みました。 こんなハードスケジュールが嫌な人はもっと早い帰りのフェリーも予約できますが、結構お高めです。 またストックホルム-ヴィズビー間で飛行機(約1時間)も運行しているそうなので、そちらもチェックしてみるといいかもしれませんね。   ***** ゴットランド島の行き方だけで結構な量になってしまったので、今回はここまで。 次回ゴットランド島の様子をお伝えします〜

お読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
↓応援のクリックお願い致します!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow

コメント

  1. ハルカ より:

    初めまして。コメント失礼します。
    私も来月スウェーデン旅行を計画しておりまして、弾丸ゴットランドツアーも計画しました。旅費を浮かせるために往復フェリーで、しかも帰りの便は深夜12時頃スウェーデンに到着します。この時間ストックホルム中央駅布巾に帰るバスはあるのかぁ〜??と心配しつつもフェリーのチケットをとってしまいました。でも、この生地を呼んで早朝にもバスが出ていそうだということが分かり少し安心しました。その他の記事も参考にさせて頂きます。ありがとうございます!

    • chihiro より:

      ハルカさん、こんにちは!
      私の記事が役に立ったみたいで嬉しいです!ゴットランド楽しんできてください^^
      なかなか時間がとれなくて書けてませんが、スウェーデン編も早くコンプリートできるように頑張りますね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です